システムエンジニアの私の仕事や日常を綴ったブログです。


by lgtqxuu19k
 兵庫県佐用町の佐用共立病院で高齢患者が肋骨(ろっこつ)を折られた事件で、同病院が被害を食い止める機会を2度も逸していたことがわかった。

 逮捕された元看護師・羽室(はむろ)沙百理(さおり)容疑者(26)は暴行を認めている6人のうち3人の「第一発見者」だったが、「自己申告」した理由について、「患者の異常をいち早く見つけて、ほめられたかった」と供述しているという。

 6人のうち、最初の3人の骨折が判明したのは、2008年12月。この時、穀内隆院長は「約35年の医者生活で見たことがない事例」と感じながらも、事件性まで疑わなかった。院内の医療安全管理委員会も「寝たきりで骨粗しょう症の患者が大半。強いせきや体位変換の際に起きる『病的骨折』」と判断した。

 さらに、09年1月5日、4人目の骨折が発覚した際には、看護師長が羽室容疑者を含む看護師ら約20人に聞き取り調査を行った。しかし、不審者の目撃など外部犯行を想定した質問に終始。19日にさらに2人の骨折が確認される事態に至った。

<掘り出しニュース>目指すぞ!運転士 訓練費自己負担、いすみ鉄道の募集に大きな反響(毎日新聞)
生方氏解任で賛否応酬続く 執行部からは「反省」も(産経新聞)
岡田外相が20日に大地震被害のハイチを訪問へ(産経新聞)
六代目円楽さんが32年ぶりの寄席=東京・末広亭で襲名披露(時事通信)
囲碁 飛田さんが女流アマ選手権初優勝(毎日新聞)
[PR]
# by lgtqxuu19k | 2010-03-23 17:29
 「50年以上のつれあいですから、好きでした」−。長年介護をしてきた妻を絞殺したとして、殺人の罪に問われたさいたま市浦和区領家、無職、出川隆一被告(78)。さいたま地裁で開かれている裁判員裁判の法廷で、長年連れ添った妻への思いを語った。それならなぜ、被告は最愛の妻を手にかけてしまったのか。被告の法廷供述からは、高齢者夫婦が「老老介護」を続けることの苦悩がうかがえる。

 起訴状によると、出川被告は昨年6月30日昼、自宅で妻の節子さん=当時(73)=の首にネックウォーマーを巻き、ロープで首を絞めて殺したとされる。

 検察側の冒頭陳述などによると、出川被告は23歳で節子さんと結婚。しかし、長女の死去をきっかけに十数年前から節子さんが鬱(うつ)病(びよう)や認知症になり、出川被告が節子さんの介護を続けてきた。週に3回は施設に通わせ、それ以外は自宅で介護していた。

 弁護人「(以前住んでいた東京から)浦和に来たころは気持ちが楽になりましたか」

 被告「はい。ご飯を作るのも結構楽しかった」

 弁護人「節子さんの好きなものを用意しましたか」

 被告「はい。医者からたくさん食べさせるように言われていたので」

 弁護人「節子さんは1人でトイレに行けましたか」

 被告「私の背中に捕まらせて連れて行きました」

 献身的な介護にもかかわらず、進行する節子さんの病状。出川被告は「気の強い家内だったので、かわいそうというのを通り越して何と惨めなんだろうと思った」(被告人質問での供述)と思い詰め、次第に心中を考えるようになった。

 弁護人「自分だけ死のうと考えたことは」

 被告「最初はそうでしたが、よく考えると家内をおいていけませんでした」

 弁護人「なぜ」

 被告「娘が夫と母親の2人の面倒をみるなんて、かわいそうだったから」

 出川被告は、ついに犯行に及んだときの状況についても語っている。

 弁護人「捜査段階の調書には、首を絞める前に『お母さん、ごめんね。すぐ行くからね』と言ったとありますが、実際に言葉で言ったのですか」

 被告「言葉にならないような声で、言ったと思います…」

 自分も死のうと思って県内をさまよったが、死にきれなかったという出川被告。最終意見陳述で「多くの人に迷惑をかけた」と涙ぐんだ。検察側は懲役5年を求刑。判決は12日に言い渡される。(西尾美穂子)

【関連記事】
「老老介護」殺人初公判 弁護側、同意殺人罪を主張
老老介護疲れ…83歳夫が妻の首絞め殺人未遂容疑
老老介護、誰もが苦しいけれど「前向きに」
介護疲れの果て、親族殺人の半数は「被害者が配偶者」
老老介護 みな同じ悩み…妻を看る夫は死亡リスク倍
20年後、日本はありますか?

成年後見人の着服急増、財産管理の意識薄く(読売新聞)
ストリートビュー、東北・北関東など21県に対象拡大(産経新聞)
<福島氏>自衛隊は合憲 参院予算委で質問に「そうです」(毎日新聞)
<鳩山首相>B型肝炎訴訟で政府一体対応を指示(毎日新聞)
<茨城空港>開港、第1便飛び立つ 国内98カ所目(毎日新聞)
[PR]
# by lgtqxuu19k | 2010-03-19 09:58
 千葉市消防局(北山洋一局長)に大規模災害やテロによる災害といった特殊事案にも迅速に対応できる「特別高度工作車」が配備された。水圧で鉄扉などを切断する「ウオーターカッター」をはじめ、煙や有毒ガスの排気作業もできる「大型ブロアー」などを装備、千葉県としては初めてとなる高機能車両だ。同消防局の隊員らが4月の運用へ向け、操作の習熟訓練を行っている。

 特別高度工作車は、平成17年のJR福知山線脱線事故で、火花が出る切断機などが使えず救出作業が困難になった経験を踏まえて誕生した。

 車両は国が約7062万円で購入し、千葉市に無償貸与された。すでに東京消防庁やさいたま市、広島市消防局などに配備され、千葉市を含め計19台が導入されている。

 特別高度工作車の最大の特徴は、細かい粒状の研磨剤を混合させた高圧水流で鉄板やガラス、コンクリートなどを切断する「ウオーターカッター」装置で、関係者によると、厚さ20ミリ前後の鉄板も切断できるという。

 火花を出さないため、危険物や可燃性ガスが充満した場所でも作業できる。

 また、コンクリートなどに穴を開けて、高圧水流で消火作業もできるようになる。

 車体後部には直径1・25メートルの「大型ブロアー」が搭載され、1時間に最大21万立方メートルを送風できる。併せて水を噴霧状に飛ばすことができ、無風時には約60メートル先まで放水できるため、広範囲な消火作業も可能だ。

 市消防局では、4消防署に配置する特別救助隊員が操作にあたり、本格運用に向けて連日訓練を重ねている。

 同消防局の伊東裕二消防司令補は「優れた機能を備えており、活躍が期待できる」と語る。特別高度工作車は花見川消防署(同市花見川区)に配備され、災害時などに出動するほか、総務省消防庁の要請により、各地の都市へ応援出動するとしている。

【関連記事】
お見事! 女性消防隊 出雲・日御碕神社で防火訓練 
東京消防庁出初め式 江戸の伝統妙技に歓声
【航空ファン必見】さらば愛しの“ジャンボ”
「北陸」「能登」ファンに見送られ最後の旅へ出発
【鉄道ファン必見】ブルトレ「北斗星」は安泰!
20年後、日本はありますか?

小沢幹事長、鳩山邦夫氏との協同考えず(産経新聞)
逮捕の両親、鑑定留置=次男に食事与えず死亡−さいたま地検(時事通信)
「贋作」描いた画家に無罪=「自白信用できず」−頼まれ東山作品など―岡山地裁支部(時事通信)
無人の塗装工場が全焼 東大阪(産経新聞)
謝が向井四段に2連勝 女流名人タイトルを防衛 囲碁(産経新聞)
[PR]
# by lgtqxuu19k | 2010-03-17 18:22
 衆院外務委員会(鈴木宗男委員長)は10日の理事懇談会で、日米間の「密約」問題に関し、19日午前に西山太吉元毎日新聞記者ら4人に対する参考人質疑を行うことを決めた。他の参考人は▽斉藤邦彦元外務事務次官▽東郷和彦元条約局長▽森田一元運輸相。核持ち込みについて「密約がない」と政府が答弁してきた経緯や、72年の沖縄返還を巡り日本が財務負担の肩代わりをした密約などについて意見を聞く。

 西山氏は米側が支払うべき土地の原状回復補償費400万ドルを日本側が肩代わりした密約をスクープしたが、国家公務員法違反容疑で逮捕され、有罪判決を受けた。森田氏は沖縄返還交渉当時の大蔵省法規課長補佐で、肩代わり密約の交渉にかかわったと証言している。

 東郷氏は、核持ち込みに関する密約の記録を残した東郷文彦元駐米大使の次男。斉藤氏は93〜95年に次官を務めた。他に吉野文六元アメリカ局長や村田良平元事務次官らにも出席要請したが、「体調不良」などと回答したという。【野口武則】

【関連ニュース】
日米密約:非核三原則の法制化要望書…被爆者5団体送付
日米密約:「日米関係に影響せず」米国務次官補、報告受け
日米密約:真相究明へ前進 報告書は西山さんの指摘追認
日米密約:藤山・マッカーサー口頭了解「存在せず」と判明
日米密約:非核の虚構 崩壊 歴代外相、弁明に終始

<雑記帳>すき間からシクラメン、たくましく 千葉・茂原(毎日新聞)
「敬愛する金総書記」107回、日米に敵対…朝鮮学校「現代朝鮮史」(産経新聞)
<強制わいせつ>容疑の警官逮捕 福岡(毎日新聞)
愛知の83歳を原爆症認定…名古屋訴訟控訴審(読売新聞)
「口、鼻、耳から血が流れ…」再現される秋葉原殺傷事件の惨状(産経新聞)
[PR]
# by lgtqxuu19k | 2010-03-16 12:09
 【ロサンゼルス吉富裕倫】第82回アカデミー賞(映画芸術科学アカデミー主催)の授賞式が7日夕(日本時間8日午前)、米ロサンゼルスのコダックシアターで行われた。

 助演男優賞には「イングロリアス・バスターズ」に出演したオーストリア人俳優のクリストフ・バルツさん(53)が選ばれた。第二次大戦中にフランスを支配したナチスの冷酷な大佐を演じた。

 長編アニメーション賞は、作品賞にもノミネートされている「カールじいさんの空飛ぶ家」が受賞した。

 助演女優賞には「プレシャス」のモニークさん(42)が選ばれた。暴力的な母親役を圧倒的な迫力で演じた。

 長編ドキュメンタリー賞は、日本のイルカ漁を告発した米映画「ザ・コーヴ」が受賞。環境保護団体が和歌山県太地町のイルカ漁を隠し撮りした映像を使用した。「高濃度の水銀を含むイルカ肉をクジラ肉として販売している」などと、日本の捕鯨を批判。全米監督組合賞(ドキュメンタリー部門)に選ばれるなど、国際的に話題となっていた。

 主演男優賞は「クレイジー・ハート」のジェフ・ブリッジスさん。カントリー歌手を渋く演じ、歌も見事にこなした。

 今回は、ジェームズ・キャメロン監督が最新の映像技術を駆使して製作した3D映画「アバター」と、キャスリン・ビグロー監督がイラク戦争の爆弾処理班を描いた「ハート・ロッカー」が最多の9部門でノミネート。2人の監督は元夫婦で、その“対決”が関心を呼んでいた。

【関連ニュース】
アカデミー賞:助演女優賞に「プレシャス」のモニークさん
アカデミー賞:長編アニメ賞に「カールじいさん」
米アカデミー賞:会員に「ハート・ロッカー頼む」とメール
アカデミー賞:作品賞のノミネート倍増し10本に
アカデミー賞:クリストフ・バルツが助演男優賞 「イングロリアス・バスターズ」

<H氏賞>中国人の田原さんの詩集「石の記憶」に(毎日新聞)
「話聞かない」弟と殴るける…夫が死亡(読売新聞)
<愛子さま>強い不安感などで学校休む 同学年に乱暴な子(毎日新聞)
<弁護士>報酬を過大徴収…業務停止4カ月の懲戒処分 愛知(毎日新聞)
通学マナーや法令順守…大学生に「常識」指導(読売新聞)
[PR]
# by lgtqxuu19k | 2010-03-11 17:17